スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット時代のPR作戦

三木労音ではさまざまな方法でPR活動を行なっていますが、最近はインターネットを通じてのPRにも力を入れていきたいと取り組んでいます。

そのひとつがメールマガジン「e-音楽@みき」
e-音楽みき ロゴ32639279-big.jpg
↑ロゴをクリックすると、「e-音楽@みき」のホームページに移動します。

ロゴの右にある「QRコード」を携帯電話の「バーコード読取」機能で読み込んでいただき、指定のURLにジャンプすると、「メールマガジン登録」から無料で登録することができます。登録は携帯電話のみです。
登録していただくと、毎週1回三木労音主催の催しを中心に、様々なご案内がメールで配信されます。
例会日や指定席受付開始日、うたごえ喫茶の開催日などが定期的に届くので、「忘れなくていいわ」との声をいただいています。

そしてもうひとつはツイッター版「e-音楽@みき」
twitter_logo_header.pnge_ongaku_miki
こちらは先のメールマガジンよりさらに広く三木市内のコンサート・イベントをフォローしています。

ツイッターとは・・・ウィキペディアより
Twitterは、 個々のユーザーが「ツイート」と呼称される短文を投稿し、閲覧できるコミュニケーション・サービスである。
「ツイッター(Twitter)」は「さえずり・興奮」「無駄話」、または「なじる人・嘲る人」の意味。
「ツイート(Tweets)」は「鳥のさえずり」の意味で、日本では「つぶやき」と意訳され定着している。
「ミニブログ」「マイクロブログ」といったカテゴリーに括られる。
ゆるいつながりが発生し、広い意味でのSNSの1つといわれることもある。
2006年7月にObvious社(現Twitter社)が開始したサービス。・・・


今や企業はもとより、行政などもこのツイッターを利用して情報発信をされつつあります。
まだの方はぜひ始めてください。パソコンでも携帯でもできますよ。
(その際は必ずパケット定額などの料金設定をされることをオススメします)

これらネット時代の新しいツールが、本格的にPR効果を発揮するまでにはまだ時間がかかるように思いますが、私たちももっと研究しながら実践していきたいものです。


・・・・・・・・・・・・

先日、とあるきっかけで三木市内の有名ブロガーrfuruyaさんという方にお出会いしました。
この方は元カワサキ(バイクメーカー)の重役さんで、現在は「The Good Times」というNPO法人を設立して、三木市内のみならず全国の様々な異業種の方との交流を展開されている、とっても元気な方です。
その方から、広報について興味深いお話を聞きました。
「みんな広報、広報っていうけど、チラシまくことが広報じゃないで。広報という言葉は英語でPR。何の略か言うたらPublic Relationsや。これは戦後マッカーサーがGHQの考えを日本に伝えるためにしたPRが「広報」と訳されたのが元や。」
つまり、単にチラシをまくだけじゃなく、継続的に活動や考えなどを社会に広く伝え、わかってもらうということがPRなのだそうです。

「PR」についてもっと勉強しないといけないと思いました。

菅原洋一さんインタビュー!

次回例会は、日本を代表するベテラン歌手・菅原洋一さんの登場です。
今回の三木労音でのコンサートにむけて、菅原さんへ紙上インタビューを行ないました。
菅原さんから直筆でいただきましたので、そのままご紹介します。
お人柄を感じる、味わいのあるメッセージをどうぞ!!

菅原洋一 プロフィール
兵庫県出身 ・ 国立音楽大学声楽専攻科卒業。
1967年「知りたくないの」大ヒット。NHKの紅白歌合戦に初出場、以降22回連続出場を果たす。 68年「誰もいない」日本レコード大賞・歌唱賞受賞。 70年「今日でお別れ」で日本レコード大賞を受賞。75年「乳母車」東京音楽祭・歌唱賞受賞。 78年「歌手生活20周年記念アルバム」で日本レコード大賞顕彰。82年 アルバム「ホテル」で日本レコード大賞企画賞受賞。
04年「歌」手渡しでお届けしたいという自身の想いから、ピアノ伴奏のみで歌う「ニュークラシカルコンサート」を全国クラシックホールを中心にスタートさせる。現在はライフワークとなっている。
08年に歌手生活50周年を迎えた。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

Q1.このたび菅原洋一さんには「父と子のコンサート」で初めて三木労音にお越しいただけること、大変嬉しく、心待ちに思っています。
私たちの三木市は、菅原洋一さんのご出身の加古川市から車で30分ほどの近い距離にあります。
菅原さんにとってふるさと加古川市、また播州地域はどのような場所でしょうか。



Q2.今年2010年には喜寿を迎えられるそうですが、歌手活動を続ける上で大切にしてこられたこと、また今のご心境を教えて下さい。

注※「歌よ・・・あなたが居たから」は、今年の夏にリリースする新曲のタイトルで、
  吉幾三さんが書き下ろしてくださいました。
  会場&通販のみの限定アルバムに収録されます。7/3リリース。

Q3.息子さんの英介さんがピアニストとして、ここ数年ご一緒にステージに立たれておられますが、英介さんとステージを作ることへの思いを教えて下さい。


Q4.三木労音は今年ようやく創立20周年を迎えたところですが、労音運動は昨年2009年で60周年を迎えました。
菅原さんもその間各地の労音のステージに数多くご出演されたと伺っていますが、何かエピソード、また労音に対する思いなどがありましたら教えて下さい。



Q5.人生の大先輩・菅原さんから、今の社会で一番伝えたいことを教えて下さい。


Q6.最後に、三木労音のコンサートにむけて一言メッセージをお願いします。


それでは6月11日、心よりお待ちしています!!(聞き手:三木労音事務局 小巻健)


【三木労音5・6月例会】
菅原洋一&英介 父と子のコンサート
2010年6月11日(金)PM7:00開演
三木市文化会館小ホール

入会は三木労音事務局(TEL&FAX0794-82-9775)までどうぞ。

立春もすぎて・・・

今日は少し温かいですねえ・・・。変なくらい。



毎年この時期になると、お隣さんから桜をいただきますが、
いよいよつぼみがふくらんできました。
来週くらいには結構咲いているかもしれませんね。
久々にブログのテンプレートを変えて気分転換です。


そして来週には今年最初の例会「アラビンディア コンサート」があります。
アラブ&インド音楽のスペシャリストたちによる、なかなか触れることのできないライブです。
きっと興奮のパフォーマンスが見れることでしょう。
どうぞお楽しみに!!

左から、吉見征樹(タブラ)、常味裕司(ウード)、太田恵資(ヴァイオリン)


今年で三木労音も20周年になりますので、
いろいろと動きをつくっていきたいと思っています。
昨日の運営委員会でも、3月の総会に向けていろいろと実のある話ができました。
決定次第、順次お知らせしていきますので、もれなくチェックして下さいね。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


しかしひどくアクセス数が少ないこのブログ・・・。
これから少しでも増やせたらと思って、ブログ村ランキングにも参加してみました。
よかったら↓↓クリックして下さい。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三木情報へ
にほんブログ村

遅ればせながら・・・

みなさま新年おめでとうございます。
と言ってもお正月はとっくに終わっていますが・・・。

みなさまはどのようなお正月をお過ごしでしたでしょうか?
管理人はほとんど普段と変わらない(?)生活を送っていました。
毎日のように事務所に出てきては、年賀状のチェックをしたり、作業をしたり・・・。
ほとんど第2の家状態です(笑)
今年は三木労音も20周年を迎えて、忙しい年になりそうです。

さて、今年は長年使ってきた“会員手帳”をリニューアル、
このようなカードサイズの「会員証」にしました。

会員証

この会員証をいろんなところで見せると割引が・・・
というところまではまだ行っていませんが、
まずは三木労音主催の「うたごえ喫茶」や映画会などで提示すると
「会員割引」になります。
他にも利用方法をこれから考えていきたいと思っています。
新しいことをすると楽しみですね。

それでは本年もどうぞよろしくお願いします。


P.S.パソコンのメモリをこれまでの4倍に増設。
サクサク進んで気分の良い新年です。

シルバーウィークも終わり・・・

昨日でシルバーウィークも終わり、今日から普通の日常に戻りました。
みなさんはどんな連休をすごされましたか?

私管理人は、ほぼ休みのない、忙しい日々でした。

なんだかいろんなことをしましたので、日にち毎に振り返ってみますと・・・

9月19日(土)
 朝は私用で神戸へ。
 夜は福知山の萩寺で行なわれた、バンジョー奏者・青木研さんのライブに4名で参加。
 青木研さんは笑顔とトークがステキな青年。
 すごいテクニックと次から次に出てくる曲のレパートリーの広さに、
 口が開きっぱなしでした。

9月20日(日)
 朝は会議。夜は久々にアカペラグループ宝船のライブを聴きにベイシーへ。
 国際コンクール受賞後初の三木でのライブでしたので、
 満席で熱気がムンムンしていました。
 宝船さんは相変わらずステキなハーモニーと飽きさせないステージ運びで、さすが!
 三木で活動中の音卵くんたちも前座でがんばっていました。

9月21日(月・敬老の日)
 朝からゆう工房主催の「白井崇陽 こころのバリアフリーコンサート」のお手伝いで参加。
 みなさん会の成功に一生懸命取り組んでおられ、その甲斐もあり会場は満席御礼!
 いろんな障がいを持った方も一緒にコンサートを楽しめる素敵な会で、
 参加者みなさんの笑顔もいっぱいでした。
 白井さんはすらっと背の高いイケメンで、ヴァイオリンも素晴らしかったです。
 そして夜は、次回例会に来ていただくヴァイオリニスト松野迅さんにインタビューをと、
 西宮の稽古場におじゃましてきました。
 次から次にいろいろと面白いお話が出て来て、気がついたら深夜0:00・・・。
 お話の内容は会員ニュースをお楽しみに!

9月22日(火・祝)
9月23日(水・秋分の日)
 松野さんのインタビューをニュースに起こす作業で、2日間こもりっきり・・・。


仕事か遊びかわからないような、怒涛のシルバーウィークでした。
今週末は、26日(土)が毎月恒例うたごえ喫茶(14:00~ベイシー)で、
27日(日)は次回例会「松野迅ヴァイオリンリサイタル」の指定席受付開始です。
来週はどこかで代休とろうかな・・・。

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。