スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶっ飛びハーモニカのスヴェングでした!

昨日の例会「スヴェング ハーモニカ・カルテット」すごかったですね!
「ハーモニカ」のイメージががらっと変わるカルチャーショックを受けたのではないでしょうか。
(昨日のコンサートはスヴェング2008年ジャパンツアーの初日でした)

svang

ハーモニカというと、「なつかしの愛唱歌」を連想しますが、
スヴェングのプログラムは、ヨーロッパの伝統音楽をベースにした自作曲が中心で、
ロシアの伝承曲や、アメリカのブルーグラスまでとび出すなど、
その幅広い音楽性は、まさに「ワールドミュージック」といった感がしました。
そして、高速のテンポで難しいパッセージを難なくこなし、
ステージ上でお互い見合わせたり(遊んでいるような感じも・・・)、
エレキギターのディストーションのような、メタルっぽい音あり、
犬の鳴き声?まで出てくる、“ぶっ飛び”のステージで、
先入観を持たない人は、とても楽しめたのではないでしょうか。
(逆に愛唱歌的なハーモニカを期待していた人には???だったかも)

svang-2

ステージ上で彼らが話す言葉は英語。
言われていることのすべては分からないのが残念でしたが、
メンバーのユーモアは伝わってきましたね。
少しだけ通訳してくださった女性の方は、
招聘元の事務所・ハーモニーフィールズの寺田さんでした。

MC中・・・

終演後のサイン会。
サイン会にて

公演後は、メンバーを囲んで打ち上げ・・・
打ち上げにて

皆さん、日本食はとてもお好きなようです。
ちなみにメンバーのゲェーロさん(手前左)がカメラ好きで、
出てくる料理を食べる前に必ず写真に収めてから食べてたのがおかしかった・・・。
参加のみなさんも、英語とボディランゲージ?でコミュニケーションをとってましたよ。

「今日の公演は初日でしたが、観客がとても熱心に聴いてくれたので、すごく乗れた」とのメンバーの言葉。
そう言ってもらえるのが、聴き手にとっては一番嬉しいことですね!
アンコールを3曲もされたのも珍しいとのことでした。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://mikiroon.blog108.fc2.com/tb.php/56-cf317a55
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。