スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇音楽の録音

今日は神戸の兵庫駅の近くにある、劇団「どろ」さんの稽古場で、
ギター演奏の録音をしてきました。

どんな曲を弾いたかといいますと、
劇団どろ次回公演「ワーニャおじさん」(チェーホフ作)の劇中で使われる音楽で、
ポルカ風の曲、ミステリアスな曲、バラード風の曲の3曲。
本番では役者の方が、曲にあわせて弾く演技をされます。
どこで使われるかは見てのお楽しみ。
劇音楽というのは、せりふの長さや動きと密接に関係するので、
その時々に合わせることのできる生演奏がベストなんでしょうが、
当日は別用があり、参加できないのが残念・・・。
(生演奏だと、それはそれで大変だと思いますが・・・)
興味のある方は、ぜひ観に行って下さい。

 アントン・チェーホフ/作 小野理子/訳 合田幸平/演出
 『ワーニャおじさん』 ~四幕の田園生活劇~

 11月8日(土)①13:30 ②18:30
    9日(日)③13:30
 神戸アートビレッジセンターホール(KAVC)
 入場料 前売一般2,400円 学生1,500円
       当日一般2,700円 学生1,800円
 主催 神戸市 神戸市民文化振興財団 兵庫県劇団協議会 劇団どろ
 問合せ先 劇団どろ TEL&FAX078-576-6488(夜間)
 劇団どろホームページ→http://www33.ocn.ne.jp/~gekidandoro/


劇団どろさんとは、2年前だったでしょうか、
ブレヒト作「小市民の結婚式」の際に、同じく劇中で使われる音楽を録音したことがきっかけで、
その後も、芝居の幕間にギターでおじゃましたりと、
何度かご一緒させていただきました。
家庭的な劇団で、いかにも“小屋”といった風情の稽古場にも
これで何度目か分からなくなるくらいお邪魔していまして、
楽しくお付き合いさせていただいています。


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://mikiroon.blog108.fc2.com/tb.php/53-a6568e1c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。