スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Viva! Venezolana “アオンダ”の素晴らしいステージでした!

このところ周回遅れでの報告になってしまっている「みきろうおんNOW!」。
なるべくnow・・・じゃなくpastにならないよう気をつけたい今日この頃です(反省)

さて三木労音では、先月9/27(月)に三木市文化会館で三木労音例会「カリブの熱い風 ムシカ・ベネソラーナ“アオンダ”」のコンサートを開催しました。その報告です!

ムシカ・ベネソラーナとはスペイン語で「ベネズエラ音楽」という意味。
日本ですでに知られているラテンアメリカ諸国の音楽の中でも、まだあまり知られていないのが、この「ベネズエラ」の音楽ではないでしょうか。
もちろん私たちも馴染みのあるラテン音楽のテイストもたっぷりと楽しめましたが、3拍子と2拍子が交錯する「ホローポ」や珍しい5拍子の「メレンゲ」といったリズムなど、ベネズエラならではの特徴もたっぷりと感じることができましたね。

演奏はアオンダの4人。素晴らしい演奏に体が熱くなりました!
ahonda_1.jpg
左から、吉澤陽子さん(アルパ)、ラファエル“ポジョ”ブリートさん(クアトロ)、ロベルト・コッホさん(ベース)、ホセ・ペレスさん(マラカス)

そして司会&解説はラテンアメリカの地域文化研究家の石橋純先生。ベネズエラの魅力を“言葉”と“歌(!)”で、たっぷりと紹介してくださいました。
web2_20101008131627.jpg

ラファエルさんは、ベネズエラでは歌手としても有名人だそうです。アルパの吉澤さんも素晴らしいシンガーでしたね。
web3_20101008131627.jpg

最後は素晴らしい演奏に会場オールスタンディングで盛り上がって終わりました。
web4_20101008131626.jpg

終了後はサイン会も・・・。
web5_20101008131626.jpg

いやー、ノリノリのコンサートでしたね。
ベネズエラの伝統音楽では「即興演奏」が重要な位置を占めるそうですが、今回のコンサートでもアドリブ・ソロがいっぱい。伝統音楽というよりほとんどジャズでしたね。ラテンジャズ!

こちらで石橋先生のベネズエラ民族楽器「クアトロ」の解説が読めます⇒http://yumiitoh.sblo.jp/article/41147659.html提供ブログはおなじみイトウユミさんの「Journey with...」です。

休憩なし100分一本勝負!の白熱したライブでした。アオンダの皆さん、石橋先生、どうもありがとうございました!!
コンサートを聴いてベネズエラに行ってみたくなった方もあったのでは・・・!?


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://mikiroon.blog108.fc2.com/tb.php/157-8b9d3a8e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。