スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムシカ・ベネソラーナへの誘い

次回例会は、南米・ベネズエラからのお客様をお迎えします。

ベネズエラ音楽といえば、近年ではクラシック界の「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ」と、指揮者のグスターボ・ドゥダメルの活躍が目覚しいですが、このたび三木労音でお招きするのはベネズエラの伝統に根ざした音楽を演奏するアオンダです。
アオンダは、日本でムシカ・ベネソラーナ(ベネズエラ音楽)の魅力を広めるため、精力的に活動されているアルパ奏者・吉澤陽子さんがベネズエラのミュージシャンと結成したグループ。
本日アップするブログを見られた皆さんに、一足早くその演奏をお届けしましょう!



公式ホームページはこちら⇒VIVA! VENEZU~http://www.ab.auone-net.jp/~yoko.mv/index.html

「アオンダ」はギアナ高地はカナイマにある有名な山、アウヤンテプイ(悪魔の山)にある峡谷の名前です。
吉澤さんが「日本でベネズエラ音楽を広めるために、日本向けのユニットが必要」と、ベネズエラでも指折りのクアトロ(ベネズエラを代表する民族楽器)奏者・ラファエル・ブリートに相談したところ、彼がベネズエラ有数のミュージシャンを集めて結成されたグループです。

メンバー:
 ラファエル"エル ポジョ"ブリート(クアトロ&ヴォーカル)
 ロベルト・コッホ(コントラバス)
 ホセ・ペレス(マラカス)
 吉澤陽子(アルパ)

ベネズエラの最もポピュラーな編成“アルパ”“クアトロ”“マラカス”にベースが入り、民族色の中にジャズやポピュラーの要素も取り入れた、オシャレなサウンドが特徴。
中でもラファエル・ブリートはその後、あれよあれよという間にテレビなどで活躍する人気ミュージシャンとなったそうです。

リーダー ラファエル”エル ボジョ”ブリートさんのインタビュー(youtube映像)
ラファエル"エルポ ジョ"ブリートです。音楽をこよなく愛する1人です。
まずは、父親に感謝したい、僕が11歳の時にクァトロを通して音楽への道を開いてくれました。
歌は10年前から、ガイタから始めました。
ベネズエラ音楽の魅力は何でもできる事、したいと思った事がなんでも出来る事です。何せ300以上の種類があるのですから。
その中で僕が取り上げたリズムはアフロ ベネソラーノ。100%ダンサブルなリズムです。
僕の夢はグラミー賞をとること。グラミーをベネズエラにプレゼントしたい。そのためにはまず、僕たちベネズエラ人がムシカ ベネソラーナを愛することだと思ってます。
(訳:吉澤陽子)




オマケ。私たちもよく知っているメロディーです。


ぜひコンサートにご期待下さい!!

アオンダ【三木労音 9・10月例会】
カリブの熱い風 ムシカ・ベネソラーナ
9月27日(月)PM7:00開演
三木市文化会館小ホール

入会は三木労音事務局(TEL&FAX0794-82-9775)までどうぞ。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://mikiroon.blog108.fc2.com/tb.php/147-bc572ab4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。