スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tack! Tack! アレ・メッレル・バンド!Part2

さて2/21「アレ・メッレル・バンド」例会報告、後編です。

このたびのステージは、現在三木市在住の舞台写真家・平松俊之さんMUSIC PHOTO OFFICE SATOOTO(響)代表)が素晴らしいステージ写真を撮って下さいました。
まずはどうぞご覧ください!


IMG_9100.jpg
アレメッレル Ale Moller マンドーラ・ブズーキ・アコーディオン・笛・ハーモニカ・ショーム・ヴォーカル他
IMG_9389.jpg
ママドウ・セネ Mamadou Sene 西アフリカン・リードヴォーカル、セネガルフィドル
IMG_9129.jpg
マリア・ステッラス Maria Stellas グリーク・リードヴォーカル、フィンガーシンバル
IMG_9455.jpg
マグヌス・スティンネルボム Magnus Stinnerbom フィドル、マンドリン、ギター、バックヴォーカル
IMG_9879.jpg
マッツ・エーベリー Mats Oberg キーボード
IMG_9384.jpg
二クラス・ベッティルソン Niklas Bertilsson パーカッション

IMG_9451.jpg
マリアさんのダンスはとっても美しく、セクシーで、観客を魅了しました。
IMG_9608.jpg
見た目もとってもバラエティ豊かなメンバー。奏でるサウンドもワールドワイド。
IMG_9248.jpg
リーダーのアレさんのこの笑顔!とっても気さくでユーモアあふれる方でした。
IMG_9844.jpg
白熱のセッション!
IMG_9481.jpg
見よ!この跳躍!ママドゥさんのアフリカン・ダンス!
IMG_9713.jpg
大きな拍手の中、カーテンコール。アンコールは3曲も!!

いかがでしたでしょうか。
いやーほんとに素敵なステージ、そして音楽でしたね!
案内役のFM COCOLOの加美さんの言葉を借りれば「Good Music! Good Vibration!」でした。
まさに音楽と音楽が溶け合い、そこから新しい音楽が生まれていました。
とっても開放的なサウンド、民族音楽をベースにしながらもポピュラーなメロディ。そしてリズムがノリノリ!
「そういえばメンバー違ってたんだっけ?」と気づかないほど、代役メンバーのお二人も一体となってすばらしいサウンドを奏でて下さいました。

このすばらしさを私のボキャ貧言葉で表すのはムズカシイ!こちらのみなさんにおまかせします(笑)↓
Journey with ...まったり、のんびり…。http://yumiitoh.sblo.jp/article/43534936.html
Kwakky's ふらっと☆ブラットhttp://kwakky2.exblog.jp/15960756/
太鼓唄七海Namiのブログhttp://music.satooto.com/?eid=48

ちなみにタイトルのTack!は、スウェーデン語での「ありがとう」。
スウェーデンからはるばるお越しのアレ・メッレル・バンドの皆さん、Tack! Tack! Tack!
招聘元のHarmony Fieldsさん、DJの加美さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。