スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松野迅さんの「トークスペース」レポート

先週1/22(土)の19:00より、緑が丘のバリアフリーカフェ「オンリーゆうカフェ」にて、ヴァイオリニスト松野迅さんによる演奏を交えてのレクチャーコンサート「トークスペース」を行いました。

web1_20110124163422.jpg

松野さんが三木にお見えになられたのは2009年の三木労音例会以来。
そのときのコンサートでは、クラシックの例会にしては珍しく会場が「熱狂」に包まれて、多くの方から「アンコール」の声をいただきました。
そんなことがあったからか、今回の「トークスペース」は割と早くからかなりの人数の申し込みをいただき、あれよあれよという間に参加者が増え、当日は何と60名を超える参加で会場があふれかえるほどに。

満員御礼!!「すし詰め」という言葉が頭によぎるほど。
web7_20110124164354.jpg

(主催者として密かに驚いたことには、申し込まれた方が全員来られました(笑)大体2~3人はドタキャンするものなのですが・・・(笑)この一年で一番寒い時期に皆さん風邪もひかずスバラシイ!パチパチ!)

さて、今回のイベントは、三木労音でも初めての「レクチャーコンサート」。
それも松野さんには以前定期総会の際に講演をしていただいたこともあり、造詣の深さと広さは承知してましたので、さてさてどのような会になるやら・・・とワクワクした気持ちで迎えました。

松野迅さん(右)と、今回ピアニストで一緒に来てくださいました榎田匡志さん(左)
web5_20110124163422.jpg

web2_20110124163422.jpg

ショパンの「ノクターン」の演奏から始まり、前半は「音」の誕生からバッハ、ベートーヴェンの時代までの音楽の発展について、松野さん自作テキストをもとにお話されました。
音楽理論と自然科学、哲学などを縦横に行き来しながらの、かなり専門性の高いお話だったにもかかわらず、みなさん非常に熱心に聞かれていましたね。
きっとこのような話は普通コンサートでは聞かれないでしょうし、専門にされてない方だとわざわざ講義を聞きにいくこともまずないでしょう。しかし、松野さんが語られると、ユーモアもあり、人間の息吹を感じながら、すっと聞くことができるように感じます。
改めて「音楽」というものが、自然や人間の歴史と密接に関わりあっているのだと感じましたが、みなさんはいかがだったでしょうか。

web3_20110124163422.jpg

web4_20110124163422.jpg

後半は今回のテーマ「ショパン」と「シューマン」について、若干演奏も増えながら。
このあたりになると皆さんもだいぶ慣れてこられたみたいですね(笑)
「音楽」と「言葉」「色彩」の関わりを中心に進められましたが、その中でも今回は珍しいショパンの「歌曲」を紹介していただきました。
ショパンは生涯でピアノ曲を中心に作品を残していますが、歌曲の発見はつい最近になってのことだそうです。
ヴァイオリンで2曲演奏していただきましたが、非常に良い曲でした。まるで「言葉」が聞こえてきそうでした。

最後にはショパンのピアノによる大作「アンダンテ・スピアートと華麗なる大ポロネーズ」を榎田さんの熱演で聴かせていただき、アンコールはお二人によるシューマンの「トロイメライ」で、大きな拍手に包まれました。

初めてのレクチャーコンサート「トークスペース」でしたが、本当にたくさんのことをお話していただき、知的刺激と感性への訴え両面で満足いく内容でした。
三木で、しかも音楽を専門にしている、していないに関係なく、市民がこれだけの内容を聞ける場を持てたということは、とっても有意義なことだったと思います。これから音楽を鑑賞するときに、少しでも何か思い出して聴いてもらえれば、作品のまた違った面が見えるのではないでしょうか。
今後も続けて開くことができれば嬉しいナァーと思っています。
松野さん、榎田さん、ありがとうございました!!

打ち上げ&懇親会
web6_20110124164353.jpg

こちらでも書いていただいています。
Kwakky's ふらっと☆ブラット⇒http://kwakky2.exblog.jp/15806628/
もて木みち子 オレンジニュースブログ版⇒http://blog.goo.ne.jp/orangen0808/e/03361a9e0fcb08180632fee640f1d122
スポンサーサイト

1月のうたごえ喫茶のお知らせ

今週末のうたごえ喫茶のお知らせです♪

1月のうたごえ喫茶
1月29日(土)PM2:00~4:00
ジャズカフェ ベイシー(神鉄志染駅スグ)
1,000円/ワンドリンク付(三木労音会員は900円)
演奏/おひさま楽団


年の初めのうたごえ喫茶ということで、今月の特集は今年の干支“うさぎ”の歌です♪
みなさんからのリクエストも大歓迎です!
ぜひお越し下さいね(^O^)/~

うたごえ喫茶チラシ2011年前



三木労音2011年度例会ラインナップ&会員募集!

\(^O^)/ようやく三木労音2011年例会ラインナップが決定しました\(^O^)/
今日は写真や動画を織り交ぜてご紹介いたします。

1・2月例会(121回)
世界紀行バンド ~スウェーデン発~
アレ・メッレル・バンド

 2/21(月)PM7:00開演 三木市文化会館小ホール

  • ギリシャ、セネガル、スウェーデンのルーツミュージックが核融合。 5カ国の音楽家が放つ民族の音糸をスウェーデン伝統音楽の革命者「アレ・メッレル」が21世紀型ワールドミュージックを紡ぎ出す。
    http://www.harmony-fields.com/a-amb/alemollerband.html
s-pressbild2_2007.jpg




3・4月例会(122回)
関西フィル・弦楽アンサンブル
 4/8(金)PM7:00開演 三木市文化会館小ホール

  • 関西フィルメンバーによる、ヴァイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスといった弦楽器9名による魅惑のアンサンブル。
s-関西フィル弦楽アンサンブル001



5・6月例会(123回)
北川翔バラライカ・コンサート
 6/16(木)PM7:00開演 三木市文化会館小ホール

s-kitagawasyo.jpg




7・8月例会(124回)
キング・コロンビア
 7/29(金)PM7:00開演 三木市文化会館小ホール

  • 1930~50年代の古き良きアメリカのスイングジャズ復興!
    20代の男前8人組の和製スイング・ジャズ・バンド。
    http://king-columbia.com/
s-キングコロンビア




9・10月例会(125回)
長谷川きよし&パトリック・ヌジェ
 9/28(水)PM7:00開演 三木市文化会館小ホール

s-!cid_C21CC0E5-AD2F-41CC-99AA-11C3B0686B3E.jpgs-09パトアコDSC_0006r




11・12月例会(126回)
フルート&ギター デュオリサイタル
安藤史子(フルート) 稲垣稔(ギター)
 11/21(月)PM7:00開演 三木市文化会館小ホール

安藤史子056.jpg




会員になると、月々1,500円の会費だけで
これらのコンサートを鑑賞できます。
あなたもぜひご一緒に楽しみませんか!

松野迅 トークスペース2011

さて、三が日も終わり、いよいよ仕事も始まって日常に戻られた方も多いと思います。
良いお正月を過ごされましたでしょうか?

さて、三木労音では今年初イベントとしまして、特別トーク&ライブを行います。

松野迅 トークスペース2011
~ショパン、シューマン生誕200年によせて~


matsunojin.jpg

2009年10月に三木労音例会で旋風を巻き起こされた、あのヴァイオリニストの松野迅さんが再び三木に来られます!
それもなんと!緑が丘オンリーゆうカフェで!超間近で聴けるという、とっても贅沢なチャンスです!

松野さんといえば、三木労音ではこれまで・・・
松野迅さんの講演
2009年3月の定期総会での講演

web-2.jpg
2009年10月の例会出演

web-1.jpg
例会の日の昼間に三木精愛園訪問コンサート

・・・と何度か来訪していただいておりますが、それぞれの機会で、多岐にわたる知識、造詣の深さ、ユーモア、そして演奏と見た目(笑)に触れた人々を惹きつけ、多くのファンを生んでいます。
今回は「ショパン・シューマン生誕200年によせて」と題し、松野さんのお話と榎田さんのピアノの演奏を中心に、レクチャーコンサートのような趣向で開催します。(もちろん松野さんのヴァイオリンも聴ける予定です。)
初夢が正夢になったような、このスペシャルな企画。めったにありませんので、興味のある方はぜひお聞き逃しのないようお越し下さい!

松野迅 トークスペース2010 ~ショパン、シューマン生誕200年によせて~
ヴァイオリンとおはなし 松野迅
ピアノ 榎田匡志

日時/1月22日(土)PM6:30開場 PM7:00開演
会場/緑が丘・オンリーゆうカフェ(神戸電鉄「緑が丘駅」下車、徒歩10分ぐらい)
参加費/前売2,300円(三木労音会員2,000円)※高校生以下、障がい者は300円引き
      当日2,500円
主催/三木労音


人数に限りがございますので、ご予約はお早めに。
⇒TEL 0794-82-9775
⇒Mail mikiroon9775concert@msn.com

謹賀新年2011

P1000923.jpg
2011年明けましておめでとうございます。
本年も三木労音をどうぞよろしくお願いします。

写真は会員の方からいただいた手作り干支色紙です。
事務所に来ていただくと生で見れますよ。
(事務局は6日から営業?します)

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。