スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年ももうすぐ終わり・・・

よく冷え込んできました。風邪などひかれていませんでしょうか。
いよいよ今年もあとわずかとなりました。
みなさまにとって2010年はどのような年でしたでしょうか?

三木労音は今年創立20周年の年を無事終えました。
会員の皆様、関係各位のさまざまなお力添えをいただきまして、すべての例会、その他のイベントを成功させることができましたこと、この場をもちまして、あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。

振り返ってみて、今年はまた三木労音にとってのターニングポイントの年だったようにも思います。
三木労音も大きく区切るとだいたい10年ごとに方向を転換しながらやってまいりました。
最初の10年はとにかく会を大きくしようということで中心メンバーが主導で引っ張ってきて、次の10年は会の運営システムを充実させようと多くの会員のみなさんと一緒に歩んできた・・・そんなような思いがあります。
そして10年がたち、これまでのやり方からまた次のスタイルに脱皮していく・・・おぼろげながらかたちも少し見えてきたような気もします。(まだ気のせいだけかもしれませんが)
なんにしても、ひとところに留まらず、常に変化し続けることはとても大切なことだと思っています。
どんなによいシステムでも、長年そのままだと制度疲労もおこすでしょうし、何より空気がよどんできますし・・・。
はたして来年はどんな年になるか・・・今から楽しみです。
これからも多くの方々と出会い、交流し、学び、実践していく、そのくりかえしです。
これからも三木労音の活動にどうぞご期待下さい!
年明けには早速、楽しみなイベントもありますヨ♪

それでは皆様、よいお年をお迎え下さいね。
スポンサーサイト

明日は今年最後のうたごえ喫茶です

めっきり冷え込んできましたねー。
今日はクリスマス・イブですね。
こう寒かったらホワイトクリスマスに・・・なりますかね?

さて、毎月1回定例で行っています「うたごえ喫茶」
うたごえ喫茶チラシ2010年後
その今年最後の会を、明日12/25(土)※訂正に行います。
今年もいろんな歌を大勢の歌仲間とうたってまいりました。特にピアニストのイトウユミちゃんが入ってくれたのは大きかった!できる曲の幅がググッと広がりました。皆さんも楽しんでいただけたのではないでしょうか。
うたい納めの明日の会は、この日にこれを歌わなかったらイカンでしょう、ということで、クリスマスソング特集です。
もちろん後半はいつもどおりリクエストも大歓迎です!!
それから・・・年末大放出!ということでプレゼント抽選会もしちゃいます!
何が当たるかはお楽しみに・・・。

それでは明日、みなさまのお越しをお待ちしていま~す(^o^)/^

久々に落語の楽しさを満喫!桂吉弥さんありがとうございました!

先週12/3(金)、今年最後の例会「桂吉弥独演会」が終わりました。
三木労音では2008年2月の「桂雀々独演会」以来の、久々の落語会でしたが、みなさんに大いに楽しんでいただけたようで何よりでした。

「演目は当日のお楽しみ」ということでしたが、以下の通りでした。(敬称略)

動物園 鯛蔵
ちりとてちん 吉弥
ハンカチ ちょうば
七段目 吉弥
  -中入り-
かぜうどん 吉弥

管理人は今回はちょうばさんの「ハンカチ」以外は聞いたことのある噺だったので、演者が変わればまた違った味になるのだなぁと、古典落語の楽しみ方を味わえました。(特に鯛蔵さんの「動物園」は、前回雀々さんがされていたのが強いインパクトで残っていました)
今回、吉弥さんの選ばれた噺は王道でしたね。吉弥さんがブレイクしたNHK連ドラのタイトルにもなった「ちりとてちん」から入り、歌舞伎のしぐさが素晴らしい「七段目」、これは04年に吉朝さんで見ましたが、吉弥さんは吉朝さんのお弟子さんということで感慨深く、最後の「かぜうどん」では夜空に響くうどん屋の声、うどんをすする時の仕草で、寒い冬の夜の空気感が伝わってきて、これぞ話芸!といった落語の表現力の素晴らしさを堪能しました。
会場も大いに盛り上がり、久々の落語会は大成功となりました。

桂吉弥さんのブログにも書いていただいています⇒桂吉弥のブログ・だいたい毎日日記

こちらにも感想を書いて下さった方がおられます。⇒Kwakky's ふらっと☆ブラット

まだお若い吉弥さんですが、すでに名人の風格が出てきておられますねぇ~。
ちょうばさん、鯛蔵さんも評判がよかったです。
これからのご活躍に期待大ですね。
桂吉弥さん、ちょうばさん、鯛蔵さん、ありがとうございました!


本番前、担当サークルの皆さんとで・・・
web1_20101206163951.jpg

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。