スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指定管理者の公募が始まっています。

いよいよ8/25から、三木市文化会館の指定管理者の募集がはじまりました。
以下、市ホームページから拝借した募集概要です。

三木市文化会館の指定管理者を募集します。

1  目 的
 芸術文化活動の拠点施設として、市民サービスの向上と市民文化の振興を図るとともに、
 効率的な管理運営を目指し、指定管理者を募集します。

2 指定期間
 平成21年から4月1日から平成24年3月31日までの3年間

3 指定管理対象施設
 三木市文化会館(三木市福井1937)

4 指定管理者募集などの日程予定
 (1) 募集要項配布   平成20年7月29日から
 (2) 募集受付      平成20年8月25日から9月5日まで
 (3) 選定委員会による指定管理者の選定  平成20年10月中旬
 (4) 指定管理者の指定   平成20年12月定例市議会

5 受付及び問合せ先
 三木市教育委員会 教育振興部 
 文化スポーツ振興課 文化芸術グループ 
 TEL 0794-82-2000㈹ 内線3552
 FAX 0794-83-3699


ちなみに他の地域の状況もちょっと調べてみました。
同じように現在公募中の施設は、加古川市の市民会館、ウェルネスパークです。
(ただし指定期間は5年)
その他にも同じ時期に期限切れの施設もありますが、
現在募集がないところは、募集しないのでしょうか。
現在の指定管理者の多くは非公募で指定されていますが、
自治体によって考え方がいろいろあるのでしょう。

今後、この流れがますます加速していくかどうか・・・。
スポンサーサイト

クンドゥルの皆さん、ありがとうございました!!

クンドゥルの皆さんと

昨日、「韓国民族芸術団 クンドゥル」例会が終わりました。

メンバー皆さん朝から来られて、舞台セットや道具の搬入、セットなど大忙し。
私たちはその横で楽屋の準備・・・。
7/24から始まった日本公演もあと2回となって、さすがにお疲れだったのでしょう。
9:00からの入りが10:30になりました。

今回はなんといっても大変なのは食事の用意。
クンドゥルのメンバーと、日本スタッフ合わせて24名分でしたが、
別所町小林に新しくオープンした韓国料理店「オモニの店」に(昼オードブルはいしづちさん)お世話になり、とても喜んでいただくことができました。
(ちなみに私ももう2回食べに行きました!おいしいですよ!ぜひ行ってみて下さい)

本番は、さすが!疲れを感じさせないエネルギッシュなステージで、
観客席から拍手の嵐!!
マダン劇はいかがでしたか?日本語にびっくりされたでしょう?
物語になんの違和感なく入れるので、韓国人のステージというのを忘れてしまいます。
本当によく研究して入れておられますね。

最後のテドンノリでは、こちらのメンバー17名もステージに上がり、
色とりどりのきれいなリボンを巻くことができました。

巻いて巻いて・・・
↑これがテドンノリです

同じ色のシャツを着ている人は、運営担当のメンバー。
制服?いえいえ、これは物販で売っていました、クンドゥルメンバーが着ている韓国のシャツです。
一人が買うと、私も私も・・・と、結局運営スタッフだけで20枚以上が売れました!

みなさんから「クンドゥル活動支援カンパ」もたくさんしていただき、ありがとうございました。
今回の公演で、韓国が身近になったのではないでしょうか?
(実際に近いですし、一度行ってみたいですね)

それにしても、隣りの国なのに、言葉が全然わからない・・・。
ハングルの字だって何がなにやらさっぱりです・・・。
見た目はホントに変わらないし、
写真でみても誰が日本人で誰が韓国人か判らないくらいですのにねぇ。
カタコトの英語を話しながら、不思議な気持ちになりました。

「みんなのひろば おおきな き」 オープン!

先日8/3に、緑が丘中2丁目で「みんなのひろば おおきな き」という家がオープンしました。

「おおきなき」って聞き覚えがありますよね?

あれは2004年の7月の「ダ・カーポ(夫婦デュオ)」の例会のときでした。
ちょうど三木市制施行50周年事業にひっかけて
市民から歌詞を募集し、それにダ・カーポに曲をつけてもらう、
「わが町・こころの歌」という企画を行い、できた歌がこの『大きな木』です!

大きな木
Hisako:作詞  ダ・カーポ:補作詞・作曲

夢に出てくる町は変わらない
ちっちゃい頃に遊んだ広場
笑い声広がる丘に立つ
大きな木はいつもみんなを見ていた
 転んでも 泣いても 怒っても
 黙って見てた大きな 大きな木

夢に出てくるあの人は今も
いつもの場所でほほえんでいる
ふたり待ち合わせした丘に立つ
大きな木はいつもふたりを見ていた
 恋しても 夢見ても せつなくても
 黙って見てた大きな 大きな木

町を見わたす丘の三本の木 空高くそびえたつ三本の木
いついつまでも 見守っていて

夢に出てくる川は変わらない
魚と遊ぶ水のきらめき
川を見下ろすあの丘に立つ
大きな木はいつもふるさと見ていた
 うれしくても 悲しくても 淋しくても
 黙って見てた大きな 大きな木
 黙って見てた大きな 大きな木


MIDI音源(メロディのみ)は、三木労音ホームページ「わが町・こころの歌」で聴けます。
http://www.hi-net.zaq.ne.jp/mikiroon/okinaki.html

この歌をとても気に入ってくださっていたのが
今回オープンした「おおきな き」のオーナーである尾立(おりゅう)さんのお姉さんに当たる
小野妙子さんという方です。
小野さんは2004年のダ・カーポのコンサートのときも、一緒に歌う合唱団で舞台に立たれました。
今回この施設の名前を考えるときに、ぜひ使わせてほしいということで、
「みんなのひろば おおきな き」という名前が決まりました。
ちなみに『大きな木』の歌詞を作られたHisakoさんも、緑が丘在住です。
三木労音の運営委員で、ホームページを作ってくれています。

8/3当日は、午前中は「かえっこバザール」という企画をされて
たくさん来られたようです。
私たちは午後に寄せていただき、私の拙いギターと、
その場に来られていたみなさんとで、『大きな木』を歌い、お祝いしました。

この「みんなのひろば おおきな き」は、
今後さまざまなイベントをされたり、フリースペースとして使わせてもらったりと、
街の憩いの場になっていくようにしたいとのことです。

みなさんも、何かいいアイデアあれば教えて下さいね。

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。