スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっても上質!クリス&祥子パーカッション・デュオ例会が終わりました

昨日、9・10月例会「クリス&祥子 パーカッション・デュオ」例会が終わりました。
お二人にステージからも言っていただきましたが、
101回目例会ということで、新しい出発の例会でした。
そこに気を配ってくださったお二人に感謝。
毎回いろんな歓迎をしていますが、
今回は担当サークルのNさんにお寿司を作っていただき、
また平井山ぶどう園のワインをプレゼント。
どちらもとても喜んでいただき、嬉しかったです。
コンサート内容もとーってもオシャレな感じで、
英語で言うと「cool」という感じでしょうか。
オリジナルのアレンジの中に多彩な民族色がちりばめられており、
二人の生み出すサウンドから、突き抜けるような空が見えたような・・・。

20070922214114.jpg
リハーサル風景

終演後のサイン会ではたくさんの方が並ばれ、
熱気があふれていました。
20070922214133.jpg


最後に担当サークルのみなさんと。
20070922214149.jpg

なかなか聴くことのできないこんな上質のコンサートが
三木で聴けるなんてシアワセ!
毎回見逃すと損ですよー。まだ会員になってない人は早く入会しましょうね。
スポンサーサイト

映画会のご案内

いや~長いこと更新してなかったですね。
夏バテ!?残暑でアタマもちょっとぼーっとしているのですかね。
けど9月に入ったし、そろそろ更新しないと
労音は活動休止したのかと思われちゃうので、ガンバリます!

さて、この秋は忙しくなりそうです。
といいますのも、労音の定例会以外に映画会を行うからです。
以前、「ベアテの贈りもの」という、
男女平等を定めた憲法14条、24条を作ったといわれる
ベアテ・シロタ・ゴードンさんをフィーチャーした映画を上映しました。
その流れで、今度は憲法成立当時のことを描いた映画
「日本の青空」の上映会を行います。
監督は忍足亜希子さん出演の「アイ・ラブ・ユー」や
「アイ・ラブ・ピース」を作られた大澤豊監督です。

nihonoaozora1_1.jpg


憲法ってなんだかムズカシそう・・・と思う人もあるかと思いますが、
前回例会の松元ヒロさんも言われていたように、
「国民」を規制する他の法律とは違って、
「憲法」は、「国民」が「政府」に「これだけは守れよ」と
約束させる法律ですね・・・って言われたの覚えていますか?
私たちが普段自由にいろんな活動ができるのも、
この「憲法」で自由が保障されているからです。
本当はこういうことは学校で勉強したはずなのですが、
な~んにも覚えていません。もしかして教えてもらってないのかしら?
(アンタが聞いてないだけだってツッコミは入れないで下さい)

今、憲法を変える、変えないという議論が大きくなってきました。
また、「国民投票法」という法律ができたので、
具体的に私たちが憲法についてどうするかということを
いずれ投票することが現実のものになりました。

そこでこの映画です。
憲法をどうこうするという前に、
まずはそのできたときのことを知らないといけないですよね。
日本は敗戦し、戦争の焼跡の中から
どのようにして今の「日本国憲法」が生まれたのか、
当時の国民の中からどのような動きがあったか、
「GHQの押し付け憲法」と言う人もありますが、
果たして本当はどうだったのか。
そのことを踏まえたうえで、今の憲法をどうするかというのを
考えても遅くはないでしょう。

ただ何となく「60年も経ったし変えてもいいんじゃない」とか、
「日本人だけで考えた自主憲法」だけにこだわるとかじゃなく、
「憲法」を変えて国民は損をするのか、得をするのか、
その辺をじっくりと見極めないといけないのでは・・・と思う
今日この頃です。

音楽そのものや、労音のような市民の自主活動は、
自由・平等・平和の中でこそ発展すると思います。
そのことを守っていくためにも、
「憲法」の問題は避けては通れない道です。
今回の映画は労音主催ではないですが、
ぜひ多くの会員のみなさんに観ていただきたいと思います。

<三木上映会案内>
2007年10月27日(土)
①11:00 ②14:00 ③18:30 ※3回上映
三木市文化会館小ホール
チケット前売 大人1,000円(当日1,500円) 高校生以下800円
※チケットは労音事務所でも扱っています。
主催:「日本の青空」上映実行委員会

内容について詳しくは「日本の青空」ホームページをご覧下さい。

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。