スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラライカとアコーディオンによる、心の琴線に触れるコンサートでした♪

さて遅くなりましたが、先週6/16(木)に行いました、5・6月例会「北川翔×大田智美 バラライカとアコーディオンの調べ」の報告です。
バラライカの弾むような、しかしながら繊細な弦の音、アコーディオンの重厚でダイナミックな音がまだ耳の中で鳴り響いています。
ステキな写真も交えてお楽しみください。

写真撮影はここのところお世話になっている舞台写真家の平松俊之氏です。

バラライカ奏者・北川翔さん
web3_20110621145907.jpg

アコーディオン奏者・大田智美さん
web4_20110621145907.jpg

マイクなしの瑞々しい生の音がホールに響わたります・・・。
一部はお馴染みのロシア民謡中心のプログラム。「ポールシカポーレ」「ヴォルガの舟歌」など超有名なあのメロディがバラライカの演奏で聴くと、また独特の哀愁があり心に染みましたね。

カラーだとロシア民族衣装の色が鮮やか!
web7_20110621145906.jpg
バラライカの奏法は、指の肉で弾き、手首を激しく使って演奏する、かなりハードなスタイルだそうです。
web9_20110621145906.jpg

アコーディオンの重量は15kgほど!こちらも結構ハードです。
web6_20110621145905.jpg
ボタンは左右合わせて200以上あって、国によって音の配列が違うので、持ち替えが難しいとか。
web8_20110621145905.jpg

お二人のさわやかトークも好評。北川さん大田さんともに親が同じ合唱団で活動されていたので(古くからロシア民謡を研究されている『合唱団白樺』)、育った音楽環境が似ているからか、お二人の音楽性も相通じるものがあるようです。
web5_20110621153727.jpg

今回、農民の楽器といわれ、楽器の中でも一番不器用な部類に入るバラライカ(北川さん談)と、様々な音色が出せ、伴奏から独奏まで自在にできる、生音の楽器の中では最も器用な部類に入る楽器アコーディオンという組み合わせのデュオ。
確かにバラライカは、これまでメインの奏者の演奏で聴いた楽器の中ではかなりシンプルなほうでした。(弦が3本のうち低音2本は同じ音だし)
そうはいっても、二部の「パガニーニのカプリス」のソロ演奏やピアソラの「天使の死」などでは、バラライカの持つ表現力がかなり大きいことが示され(もちろん北川さんのテクニックがすごいからということは言うまでもないですが)、今やバラライカはコンサート楽器として確立してきていることを感じました。

私管理人のバラライカの印象は、単音で弾くメロディは大粒の雨のしずくが落ちる音、やさしいトレモロはシャワーのような小雨、激しいトレモロはつむじ風を伴った雨という感じで、まるで「雨」を表現する楽器のふうにも感じ、なかなか魅力的な楽器だなあと思いました。ある意味梅雨の今頃に聴くにはピッタリの音楽だったかも。

終了後、サイン会にて。「手の大きさどれくらい?」
web2_20110621145954.jpg

食事交流会では、みなさん色んなお話をされて、盛り上がりましたね!
※注:この写真のみ管理人カメラでの撮影で、平松氏の作品ではありません。
web1_20110621145953.jpg

今回は姫路・三木・翌日の徳島と3日間連続公演の北川&大田コンビ。他の会場も大好評だったようで何よりでした。
北川さん、大田さん、素敵なコンサートをありがとうございました!お疲れさま!!

こちらに他の方の感想も↓
Kwakky's ふらっと☆ブラット:超絶技巧による「バラライカ×アコーデイオンの調べ」 とても新しい音楽との出会いだったのかも知れません
waka449さん:on twitter
sumisumi2010さん:on twitter
スポンサーサイト

関西フィル・弦楽セクションの優雅な音色にウットリでした♪

IMG_0470.jpg

先週の4/8(金)に、三木労音3・4月例会「関西フィル・弦楽アンサンブル」を開催しました。
いや~、クラシックって本当にいいですねぇ~そんな風な気持ちになれたひととき。
特に弦楽の響きというのは、聴いているだけで優雅な気持ちになれるというか、心が落ち着くというか・・・。

今回も写真はすべて MUSIC PHOTO OFFICE Sato oto 平松俊之氏によるものです。
それではどうぞお楽しみ下さい!


IMG_0762.jpg
1stヴァイオリン 徳岡裕紀さん

IMG_0776.jpg
1stヴァイオリン 友永健二さん

IMG_0788.jpg
1stヴァイオリン 今川さゆりさん

IMG_0791.jpg
2ndヴァイオリン 西村千奈美さん

IMG_0850.jpg
2ndヴァイオリン 鈴木洋子さん

IMG_0831.jpg
チェロ 分藤美紀子さん

IMG_0818.jpg
ヴィオラ 山本知資さん

IMG_0846.jpg
ヴィオラ 飛田千寿子さん

IMG_0848.jpg
コントラバス 佐々木宏さん

IMG_0773.jpg
司会 西濱秀樹さん(関西フィル・理事、事務局長)


IMG_0821.jpg


関西フィルハーモニー管弦楽団からは、昨年の「ブラスセクション」に続き、今回の「弦楽アンサンブル」と、続けてお越しいただきました。
同楽団は他にも様々な取り組みをなさっていますので、次はどのような企画で来ていただくか・・・これからも楽しみですね。
春のひととき、ゆったりとした素敵な空間をつくっていただきました関西フィル・弦楽アンサンブルの皆様、本当にありがとうございました!

こちらの感想もどうぞ!⇒Elegant Strings!:Journey with ...

Tack! Tack! アレ・メッレル・バンド!Part2

さて2/21「アレ・メッレル・バンド」例会報告、後編です。

このたびのステージは、現在三木市在住の舞台写真家・平松俊之さんMUSIC PHOTO OFFICE SATOOTO(響)代表)が素晴らしいステージ写真を撮って下さいました。
まずはどうぞご覧ください!


IMG_9100.jpg
アレメッレル Ale Moller マンドーラ・ブズーキ・アコーディオン・笛・ハーモニカ・ショーム・ヴォーカル他
IMG_9389.jpg
ママドウ・セネ Mamadou Sene 西アフリカン・リードヴォーカル、セネガルフィドル
IMG_9129.jpg
マリア・ステッラス Maria Stellas グリーク・リードヴォーカル、フィンガーシンバル
IMG_9455.jpg
マグヌス・スティンネルボム Magnus Stinnerbom フィドル、マンドリン、ギター、バックヴォーカル
IMG_9879.jpg
マッツ・エーベリー Mats Oberg キーボード
IMG_9384.jpg
二クラス・ベッティルソン Niklas Bertilsson パーカッション

IMG_9451.jpg
マリアさんのダンスはとっても美しく、セクシーで、観客を魅了しました。
IMG_9608.jpg
見た目もとってもバラエティ豊かなメンバー。奏でるサウンドもワールドワイド。
IMG_9248.jpg
リーダーのアレさんのこの笑顔!とっても気さくでユーモアあふれる方でした。
IMG_9844.jpg
白熱のセッション!
IMG_9481.jpg
見よ!この跳躍!ママドゥさんのアフリカン・ダンス!
IMG_9713.jpg
大きな拍手の中、カーテンコール。アンコールは3曲も!!

いかがでしたでしょうか。
いやーほんとに素敵なステージ、そして音楽でしたね!
案内役のFM COCOLOの加美さんの言葉を借りれば「Good Music! Good Vibration!」でした。
まさに音楽と音楽が溶け合い、そこから新しい音楽が生まれていました。
とっても開放的なサウンド、民族音楽をベースにしながらもポピュラーなメロディ。そしてリズムがノリノリ!
「そういえばメンバー違ってたんだっけ?」と気づかないほど、代役メンバーのお二人も一体となってすばらしいサウンドを奏でて下さいました。

このすばらしさを私のボキャ貧言葉で表すのはムズカシイ!こちらのみなさんにおまかせします(笑)↓
Journey with ...まったり、のんびり…。http://yumiitoh.sblo.jp/article/43534936.html
Kwakky's ふらっと☆ブラットhttp://kwakky2.exblog.jp/15960756/
太鼓唄七海Namiのブログhttp://music.satooto.com/?eid=48

ちなみにタイトルのTack!は、スウェーデン語での「ありがとう」。
スウェーデンからはるばるお越しのアレ・メッレル・バンドの皆さん、Tack! Tack! Tack!
招聘元のHarmony Fieldsさん、DJの加美さん、ありがとうございました。

Tack! Tack! アレ・メッレル・バンド!Part1

みなさん、長らくお待たせしました!!
先日2/21(月)に行いました「アレ・メッレル・バンド」の報告です!
もう先月になってしまいましたね~(^_^;・・・一体何をしとったかとツッコマレそうですが、なんやかんやと・・・。
ま、言い訳はおいといて、早速いってみましょう!

今回アレ・メッレル・バンドのメンバーはなんと初来日。
このバンドは本国スウェーデンでは、「スウェーデン・グラミー」受賞など広く実力を認められており、リーダーのアレさんを中心に、スウェーデン、ギリシア、アフリカなどそれぞれ異なる民族のバックボーンをもつ6人のメンバーが、それぞれの民族のエッセンスを持ちよって、新しいサウンドを生み出しているという、非常に斬新かつ意欲的なグループです。
しかも今回ツアーは、三木・大阪・東京の3ヶ所のみという、超レアなライブ。
その中でも三木労音はトップバッターにつかせていただき、くしくも日本初ライブの栄誉をいただいてしまいました。
ご紹介いただいたHarmony Fieldsさんに大変感謝です。

実は初来日ツアー、直前にベースのセバスチャン・ドゥーベさんとパーカッションのラファエル・シダ・フイザルさんのお二人がなんと急病で来れなくなってしまい、急遽、キーボードのマッツ・エーベリーさんとパーカッションの二クラス・ベッティルソンさんが代役で入るというハプニングが。
そのうちニクラスさんのほうは三木の例会の日のお昼に日本に到着、ギリギリセーフで全員揃って文化会館到着。
そんなメンバーへささやかながら感謝の気持ちを込めて、歓迎会を行いました。
s-IMG_0657.jpg
s-IMG_0660.jpg
まずは、ぱ・ぱ・ぱサークルのフォークダンスでギリシアのダンスを披露。
初の日本でヨーロッパのダンスを見れるとは、きっとメンバーも意表をつかれたのではないでしょうか。
そして次のアフリカの曲で、メンバー、スタッフが共に輪になって、ダンスで国際交流!
s-IMG_0662.jpg
最初は少しとまどっていたものの・・・
s-IMG_0676.jpg
そのうち皆さん笑顔o(^-^)o
s-IMG_0680.jpg
最後は拍手!パチパチ!いやー楽しかったですね。
歓迎会でダンスを踊ったのは、三木労音でも初めてでしたが、やってみていいものでしたね。
一気に垣根がなくなり、親近感がわきあがってきました。
そして、気持ちがほぐれたところで、プレゼント贈呈。
s-IMG_0682.jpg
会員さん手作りの「着物地の和風スカーフ」を、メンバーそれぞれの首に巻いてあげました。
その後アレさんからお礼の言葉をいただき、最後にみんなでワンショット!
s-IMG_0692.jpg
ジャジャボティ~~!※教えていただいたアフリカの「ありがとう」、こんな感じだったでしょうか(笑)
こんな感じで、とっても楽しく盛り上がった歓迎会。
きっとメンバー皆さんに歓迎の気持ちをお伝えできたのではないでしょうか。
終わってからもそれぞれ個別に写真とったりと和んでいましたしね。


・・・とここまでは、日本初ステージまでの序章。
長くなってしまいましたので、この後、怒涛のステージはパート2をお楽しみ下さい。
カッコイイ写真がいっぱい出てきます。乞うご期待!!
なるべく早くアップします・・・m(__)m

久々に落語の楽しさを満喫!桂吉弥さんありがとうございました!

先週12/3(金)、今年最後の例会「桂吉弥独演会」が終わりました。
三木労音では2008年2月の「桂雀々独演会」以来の、久々の落語会でしたが、みなさんに大いに楽しんでいただけたようで何よりでした。

「演目は当日のお楽しみ」ということでしたが、以下の通りでした。(敬称略)

動物園 鯛蔵
ちりとてちん 吉弥
ハンカチ ちょうば
七段目 吉弥
  -中入り-
かぜうどん 吉弥

管理人は今回はちょうばさんの「ハンカチ」以外は聞いたことのある噺だったので、演者が変わればまた違った味になるのだなぁと、古典落語の楽しみ方を味わえました。(特に鯛蔵さんの「動物園」は、前回雀々さんがされていたのが強いインパクトで残っていました)
今回、吉弥さんの選ばれた噺は王道でしたね。吉弥さんがブレイクしたNHK連ドラのタイトルにもなった「ちりとてちん」から入り、歌舞伎のしぐさが素晴らしい「七段目」、これは04年に吉朝さんで見ましたが、吉弥さんは吉朝さんのお弟子さんということで感慨深く、最後の「かぜうどん」では夜空に響くうどん屋の声、うどんをすする時の仕草で、寒い冬の夜の空気感が伝わってきて、これぞ話芸!といった落語の表現力の素晴らしさを堪能しました。
会場も大いに盛り上がり、久々の落語会は大成功となりました。

桂吉弥さんのブログにも書いていただいています⇒桂吉弥のブログ・だいたい毎日日記

こちらにも感想を書いて下さった方がおられます。⇒Kwakky's ふらっと☆ブラット

まだお若い吉弥さんですが、すでに名人の風格が出てきておられますねぇ~。
ちょうばさん、鯛蔵さんも評判がよかったです。
これからのご活躍に期待大ですね。
桂吉弥さん、ちょうばさん、鯛蔵さん、ありがとうございました!


本番前、担当サークルの皆さんとで・・・
web1_20101206163951.jpg

プロフィール

taketake

Author:taketake
あるときはギタリスト、またあるときは謎の三線弾き・・・三木労音事務局taketakeの管理するページです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

三木労音ホームページ

生のステージの感動をひとりでも多くの人と!!

http://www.mikiroon.com

リンク

RSSフィード

Copyright © taketake
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。